読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20160612

祖母の三回忌でした。

 

二年も経てば、あの日の事はほとんど思い出せないようになるのだと思っていましたが、昨日の事のように鮮明に覚えているものなんですね。

 

あの日は、祖母の顔をもう見れなくなると思うと悲しくて、急いで買ってきたノートに祖母の寝顔を描きました。

描いているときだけは悲しい気持ちを紛らわせて、冷静になれました。

祖母の顔をしっかりと見つめ、シミや皺までしっかりと紙と私の記憶に残すこともできました。

今までで一番、絵を描いてきて良かったと思った日でした。

 

f:id:by_ksk_a:20150222122925g:plain

この絵は祖母が亡くなった後に描いたもの。

祖母が育てていた八重咲きのムクゲを白と青色にして。